藤原紀香の“ウェディングハイ”に嫌悪感?歌舞伎界からは微妙な反応

ついに念願の「梨園の妻」になった女優の藤原紀香(44)に激しい逆風が吹いている。ノリノリのツーショット記者会見や子作り宣言でヤル気をアピールしたが、世間から猛バッシング。歌舞伎界からもハシャギぶりをいさめられ、冷たい視線を送られているという。業界内では「二度目の披露宴テレビ中継」が噂されているが、その皮算用にも黄色信号が灯っている状況だ。

■結婚会見であわらになった好感度の低さ

3月末に開かれたツーショット会見では、これでもかというほど紀香のドヤ顔が炸裂。特に指輪に関する質問が出た瞬間は最高潮になり、記者たちに左手のリングを見せつけた。これにはメディア席から失笑が漏れていたが、それでもさすがはベテラン女優だけあって受け答えは完璧だった。

しかし、これを中継した各局ワイドショーにはなぜか苦情が殺到していたという。

「紀香が熊切あさ美(35)から愛之助を略奪した経緯は誰もが知るところだけに、晴れ晴れとした表情でドヤ顔しまくる紀香に嫌悪感を抱いた視聴者が多かった。テレビ局には『そんなに長く取り上げないで』『見ていて不愉快』といった声が多く寄せられました」(テレビ関係者)

テンションの差は注目の「跡継ぎ」問題でもあらわになった。愛之助が「養子でも芸養子でもいろんな形がある」と語ったのに対し、紀香は「彼の子どもを産みたいなと思うのが女心」と堂々の子作り宣言をしたのだ。

しかし、紀香は今年45歳になるだけにデリケートな問題。会見の前日にはNEWS・小山慶一郎(31)がキャスターを務める『news every.』(日本テレビ系)で「ちょっと早いかもしれませんけれども、どんなお子さんが生まれてくるのか期待したい」とコメントして炎上する余波もあった。

スポンサーリンク
周囲が気を遣うような話題なのに当の紀香はノリノリであるため、これも空回り感を増幅させている。

スポンサーリンク スポンサーリンク