大晦日にそばを食べる理由は? 食べるタイミングや縁起の良い具材って?

大晦日、いつ年越しそばを食べる?

年越しそばを食べるタイミングですが、厳密には決まっていません。

ですが、年越しそばを食べる理由が、一年の厄を断ち切る意味合いから、昼よりも夜がよいといわれています。

夕食として年越しそばを食べる人もいれば、日付が変わる前に軽く食べる人など、人それぞれ。どうやら、好みのタイミングで食べても問題はないようですね。

なかには、年越しそばというネーミングから、除夜の鐘を聞きながらそばを食べるのがよいと思われる人も多いでしょう。そうした人の場合、注意したいのは年が明けてから年越しそばを食べるのはよくないといわれている点。

年が明けてからも食べ続けていると、金運や健康運に恵まれない言い伝えもあるので、年内には必ず食べきるよう、時間配分には注意が必要です。

年内なら除夜の鐘を聞きながら食べてもOK

年越しそばの具は、何がよい?

江戸時代から続く年越しそばの風習ですが、意外にも「これが年越しそばだ!」というルールはないようなのです。そばであれば、冷たくても温かくてもよし、具材も特に決められたものはありません。

ただ、普段そばを食べるときに人気の具材の中には、いつしか「縁起物」と呼ばれているものも多くあります。 年越しそばに取り入れたい具材の縁起物

●「えび」/「腰が曲がるまで長生きできる」ことから長寿を意味し、お正月やお祝いの席でもよく出されます。

●「ねぎ」/「労をねぎらう」からの語呂合わせで「ねぎ」も年越しそばにはぴったりの縁起物とされています。

●「油揚げ」/神様の遣いである「きつね」を連想させ、「金運」「商売繁盛」によいといわれています。

●「にしん」/京都名物のにしんそば。「二親(にしん)」と読まれ、「子宝に恵まれる」とされています。

スポンサーリンク

年の瀬になると、気持ちは少しずつお正月モードになっていきます。一年を振り返りすがすがしい気持ちで新年を迎えるために、一年を締めくくる風習も大切にしたいものですね。

スポンサーリンク スポンサーリンク