大晦日にそばを食べる理由は? 食べるタイミングや縁起の良い具材って?

クリスマスが過ぎると、一気にお正月モードに突入していく世の中ですが、気持ちよく年を越すために忘れてはいけない年末の風習があります。それが「年越しそば」です。

日本に古くから伝わる年末の風習は、大掃除などを含め、そのほとんどがお正月を迎える準備。年内に済ませておく風習の代表選手といえば、やはり「年越しそば」ですね。

ところで、私たち日本人はなぜ、大晦日に年越しそばを食べるようになったのでしょうか?

大晦日に年越しそばを食べると、いよいよ新年……という気持ちになりますね

大晦日にそばを食べる理由

大晦日にそばを食べる風習は、江戸時代から続いているといわれています。

なぜ「そば」なのか?……には諸説ありますが、理由のひとつに「一年の厄を断ち切る」という意味が込められているそうです。

スポンサーリンク

つまり、そばは食べている最中に切れやすい食べ物。このことから「今年一年の悪いものを断ち切る」という意味につながったのだとか。厄を断ち切ると理由のほかにも、細く長く生きられように「健康・長寿」を願うという意味もあります。

また、江戸時代には金細工師がちらばった金粉を集めるのに、そば粉を団子状にしたものを使っていたことから、金を集める=「金運上昇」の意味も込められているとも伝えられています。

スポンサーリンク スポンサーリンク