角野卓造 ハリセンボンの近藤春菜に「感謝しかありません」

角野卓造 近藤春菜の持ちネタにされたことへの心情告白「感謝しかありません」

17日放送の「サタデープラス」(TBS系)で、俳優の角野卓造が、ハリセンボン・近藤春菜に感謝する一幕があった。

番組では、「密着・角野卓造 知られざる東京極上メシ&ドラマ渡鬼の裏側」と題し、角野がサバンナ・高橋茂雄にイチオシの地元・荻窪グルメを紹介していった。そして、ふたりが角野の先輩が経営するラーメン店を訪れたところで、高橋は後輩芸人の近藤について切り出したのだ。近藤は、角野と似た容姿から「角野卓造じゃねーよ!」というツッコミを持ちネタとしている。

この近藤のネタについて、角野は「お世話になりまして、ありがとうございます」と、まず頭を下げた。高橋は恐縮気味に自身をネタにされる心情を尋ねると、角野は「感謝です。感謝しかありません」とだけつぶやく。

角野によると、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(同)の出演で顔は売れたものの、なかなか名前を「かどの」と呼んでもらえず、「かくの」などと間違われることも多かったとか。近藤がネタを通じて「かどの」を連呼したことから、角野は「どこに行っても“かどの”さんと呼んでもらえるようになりました」と笑顔で語り、近藤への感謝の気持ちを伝えたのだった。

トピックニュース
スポンサーリンク スポンサーリンク