黒柳徹子やトム・クルーズも 実は「発達障害」だと知ってビックリな芸能人

2位にトム・クルーズ!実は「発達障害」だと知って驚く有名人TOP5

昨年、“ネガティブすぎるイケメンモデル”としてバライティ番組でも人気の栗原類が、自分はADD(注意欠陥障害)という発達障害だとカミングアウトして話題になりました。

ADDは、注意欠陥・多動性障害であるADHDの中でも多動の少ないものの通称です。

ADHDの特徴については『VenusTap』の過去記事「あなたは大丈夫?大人の発達障害“ADHDとADD”セルフチェック」でもご紹介しましたが、一般的な脳の動きとは違った、個性的な“脳の特性”を持つADHDの人は、その多くが社会で暮らしにくい課題を抱えて悩んでいます。

一方で、トーマス・エジソンやアルベルト・アインシュタインなどの偉人もADHDだったのではという説もあるほど、その独特の発想力や集中力は人並み外れたものがあります。

一芸に秀でた人物が多いショービジネスの世界にも、実は数多く存在するADHDの有名人。

そこで今回、『VenusTap』が男女500名に「実は発達障害(ADDやADHD)を持っていると知ってビックリな有名人は?」という、アンケート調査を実施。意外ながらも、言われてみればなんとなく納得できるランキング結果を発表します。

スポンサーリンク

■1位は小学校を退学になった猛者・トットちゃん

<実は発達障害(ADDやADHD)と知ってビックリな有名人ランキング>

1位・・・黒柳徹子(118票)

2位・・・トム・クルーズ(85票)

3位・・・勝間和代(60票)

4位・・・オーランド・ブルーム(41票)

5位・・・栗原類(38票)

1位は、長寿番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)の司会者としても人気のタレント・黒柳徹子。ADHDなどの発達障害を公表しています。

『窓ぎわのトットちゃん』(講談社文庫)を読むと、蓋の付いている机を授業中何度も開け閉めしたり、鳥に話しかけて授業を妨害したりと多動の傾向を感じられます。

スポンサーリンク スポンサーリンク