明石家さんまと新幹線で「まさかの遭遇」 IMALUがTwitterで明かす

IMALUがさんまとばったり会う、新幹線の同じ車両で「まさかの遭遇」。

タレントのIMALU(26歳)が5月9日、自身のTwitterで、父・明石家さんま(60歳)と新幹線でばったり会ったと報告している。

この日、大阪でのロケ仕事を終えて、東京に帰るところだったIMALU。「帰りの新幹線。同じ車両でまさかの遭遇」と、そこにいたのはさんまだった。

「ばったり会ったのこれで3回目」と初めての出来事ではないそうで、「多分日本がゾンビタウンになって連絡取れなくなってもどこかで会えそうな気がしてきた」と、親子の“絆”のようなものを感じているようだ。

スポンサーリンク

また、さんまからはお菓子をもらったそうだが、「高いお弁当買ってもらえばよかった」と残念がっている。

スポンサーリンク スポンサーリンク